中学2年で英検準2級に普通に合格する方法
中学2年で英検準2級に普通に合格する方法をお申込みの方に「ビックリ無料特典」をプレゼント致します!






中学2年で英検準2級に普通に合格する方法

不可能を可能にするためにはメソッドが必要になってくる

中学2年で英検準2級に普通に合格する方法

実は土井稔氏、英語教育一筋20年の大ベテランで.......
といいたいところですが、

じつは偏差値40台の高校をぎりぎりの成績でやっと卒業した元不良です。

「はあ?そんな馬鹿が何の用だ? さようなら...」

ちょっと待って下さい!!
実は土井稔氏の息子が中学2年で英検準2級に一発で合格しているのです。



「トンビが鷹を産んだのか?」

いや、そうじゃないんです。

わたしと同じ、立派なトンビです(笑)

「高い金払って優秀な塾にでも通ったか家庭教師でも雇ったのか?」

塾には通わせていません。そんなお金ありませんし。


ちなみに、家庭教師はこの土井稔氏です。

「もういいかげんにしろ! こんどこそ、さようなら....」

ちょっとまってください!!!


実は土井稔氏、電験3種という合格率10パーセント前後の難関資格に
4ヶ月程度の勉強で一発合格しているんです。

電験3種の他にも数え切れないくらいの国家試験に短期間ですべて
一発合格してきました。




「あんたの自慢話を聞いても仕方ないだろう。英検の話はどうなったんだ?」

そうなんです。
土井稔氏の取得してきた資格は英検とはまったく関係ありません。

それをなぜここに書いたかと申しますと、受験する資格は違っても
資格取得のためのノウハウというのはすべて同じだ
ということを 言いたかったのです。

土井稔氏が息子に指導したのは勉強法です。
土井稔氏が数々の資格を取得するにあたって身につけていった勉強法を伝授したのです。

勉強そのものを教えたわけではありません。

というか、教えられません(笑)

英検という資格の傾向を分析し、
いかに効率よく短時間の勉強で合格レベルの力に達するのかということを
自分の資格試験取得の経験から導き出し、応用したのです。

その結果が、中学2年で準2級というスピード合格につながったわけです。


先ほど、ある県の県立高校生の平均的な英語力が
英検4級レベルであったという調査結果を書きましたが、
中学1年のときから英語の指導のプロである学校の先生が
5年も6年も指導していながら、なぜこのような結果になったのでしょうか。

いろいろな要因はあると思いますが、その中の重要な要因の1つに、
プロであるはずの先生が、明らかに効率の悪い教え方をしているからです。

というより、先生は学習指導要領にしたがって指導しているわけですから、
ほんとうの原因は文部科学省ということになるかもしれません。

文部科学省には超一流大学を卒業したいわゆるエリートが大勢いるわけですし、
そのような頭のいい方が作成したカリキュラムが効率的でないなどど書くと、
いかにも土井稔氏が適当なことを書いているとお思いになると思いますが、
実はここに一般に気づきにくい大きな盲点が隠されているのです。

誤解を恐れずに言えば
頭のいい人には、凡人の頭脳レベルが理解できない
ということなのです。

土井稔氏はガラにもなく20歳頃将棋に凝ったことがあります。

将棋のプロの方にも何度か指導対局をしていただいたのですが、
いまひとつ理解できないのです。

ものすごく強い人に教わっているのにぜんぜん上達しません。

なぜなのかということを冷静に考えて見ますと、
プロになるような人は才能があり最初から強かったわけです。

将棋を始めて半年程度でアマチュア4段とか
5段とかのレベルになってしまう天才少年が奨励会に入ってプロになるわけです。

ですから、本人にしてみれば気がついてみたら強くなっていたわけで、
弱かった経験がほとんどないわけです。

そうなりますと、自分が弱かった経験がないためにヘボの指す手が理解できないわけです。

また、あるプロゴルファーは、生まれてはじめてコースを回ったとき80台で回ったそうです。

一般の人が100を切るのに何年も苦労しているのに、いきなり80台です。

これは、すべて才能なんですね。

このような人にゴルフを教わっても、おそらく上達しないでしょう。

だって、100を切るとか切らないとかそんな低レベルな経験が一切ないわけですから、
教えられません。

「なんで、こんな簡単なことができないの」
と本音で思うでしょう。

まさに、勉強もすべてこれと同じなんです。

先ほど、文部科学省にはエリートが大勢いるというお話をしました。

彼らは、もともと頭のよかった人です。
つまり勉強の才能があったわけです。

ということは、勉強で苦労したという経験がほとんどないわけですね。

小学生の頃からいつも一番で、気がついてみたら
東大に入っていたというような人ばかりです。

ある塾の先生から聞いた話です。

小学5年生の算数の授業で、
先生が黒板に答えを書くと同時に手を上げる女の子がいるので
指名してみると、その子は見事正解を言い当てるのだそうです。

先生が不思議に思って聞いてみると、
どうも先生が以前同じ問題をその女の子にやらせたことがあったようです。

そしてなんとその女の子は、
その以前やった問題の答えをすべて正確に記憶していたのだそうです。
だから、黒板に問題を書いた瞬間に答えが出てくるのです。


当の先生は、以前同じ問題を出したことすら忘れていたというのに......

まさにこのような子を天才と呼ぶのでしょうが、
そのような子が大して苦労もせずに東大に入りやがて官僚となるわけです。
そのような「頭のいい方」が作ったのが、いわゆる学習指導要領というやつです。


土井稔氏が何を言いたいのか、少しは分かっていただけたでしょうか。

また、学校の先生にしてもそうです。

英語の先生というのは、中学生の頃からおそらく英語が得意だったのでしょう。
才能があって、得意だったがために英語教師という道を選んだのでしょう。

ですから、あまり英語で苦しんだ経験はなく、
効率的な勉強法というものを考える必要もなかったのでしょう。


前にも書きましたが、土井稔氏は偏差値40台の高校をやっとの成績で卒業した落ちこぼれです。

落ちこぼれであるがゆえに、学校の先生の指導のもとに
勉強をしてもまったく出来るようになりませんでした。


やがて大人になって、必要にせまられて資格を取得するはめになったとき、
これまでの勉強のやり方では絶対に資格など取れないと判断し、
必死に勉強法というものを試行錯誤しながら身につけていったのです。

やはり、凡人には凡人のやり方があり、記憶のメカニズムと、
対象となる資格を攻略するための戦略を考えないと、
いわゆる頭のいい人の言うとおりやっても絶対に結果はでなのです。

これは断言できます。

学校で教わるカリキュラムだけで、中学2年で英検準2級に合格するのは
不可能です。

やはり、不可能を可能にするためにはメソッドが必要になってくるのです。


 ↓      ↓      ↓      ↓     ↓

中学2年で英検準2級に普通に合格する方法

※こちらから中学2年で英検準2級に普通に合格する方法をお申込みされた方には、ボーナス特典をプレゼント!詳しくは、中学2年で英検準2級に普通に合格する方法のお申込みページをご覧下さい。
【中学2年で英検準2級に普通に合格する方法の最新記事】
posted by 中学2年で英検準2級に普通に合格する方法 at 22:48 | 中学2年で英検準2級に普通に合格する方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県立高校生の平均的英語力が英検4級レベル

中学2年で英検準2級に普通に合格する方法

ある県が県立高校生の英語力を調査したところ、
その平均的な英語力は英検4級レベルであったとの報告があります。

つまり、一般的には高校生でも英検準2級に合格するのは難しいということになります。

ましてや中学2年で合格なんて、
よっぽど頭のいい子か帰国子女でないとまず無理だと一般的には思われています。

「一般的には」を強調したのにはわけがあります。

なぜなら、一般的に信じられていることがすべて正しいとは限らないからです。

学校の先生や塾の先生も、実はこの一般的にとらわれていたりします。

ちょっとした勉強のコツを身に付けてしまえば、
帰国子女じゃなくても、小学校の低学年から英語を習ってなくても、
中学2年で英検準2級に普通に合格してしまいます。

要するにすべて勉強方法で決まってしまうわけです。

こんなことを書くと文部科学省に怒られるかも知れませんが、
学校の先生も塾の先生も効率的なカリキュラムで勉強を進めているとはとても思えません。

その結果が県立高校生の平均的英語力が英検4級レベルという結果になって現れているのです。


 ↓      ↓      ↓      ↓     ↓

中学2年で英検準2級に普通に合格する方法

※こちらから中学2年で英検準2級に普通に合格する方法をお申込みされた方には、ボーナス特典をプレゼント!詳しくは、中学2年で英検準2級に普通に合格する方法のお申込みページをご覧下さい。
posted by 中学2年で英検準2級に普通に合格する方法 at 22:45 | 中学2年で英検準2級に普通に合格する方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。